雨漏り修理業者に依頼しないと耐震性に影響が出る!?

雨漏り修理を放置していると住宅の耐震性が低下する

雨漏りのシミ

雨漏りをしていることに気付いているが、水滴が落ちてくるわけでもなく、天井のシミ程度だから大丈夫と考えている人もいるでしょう。しかし、日常生活に支障をきたす訳ではないと雨漏り修理を後回しにしていると、住宅全体に影響が及ぶため注意が必要です。気になる点があれば早めに雨漏り修理業者に相談しましょう。


雨漏り修理が必要となる原因は何ですか?
雨漏りは屋根や外壁、ベランダ、サッシなどから起こる可能性が高いです。しかし、元を辿れば屋根から入った雨が家の柱や壁を伝って流れているのです。家の支えとなる重要な部分を通って雨漏りが起こり続けていると、その他の部分にも悪影響を及ぼす可能性があります。生活に直接影響のない雨漏りくらい放っておいても問題ないと思うかも知れませんが、考え直しましょう。雨漏りに気付いたら直ぐに雨漏り修理業者に相談することが大事です。
雨漏り修理は先延ばししてはいけないのですか?
屋根から入り込んだ雨水は、家の支えとなる建材を伝って部屋の中に現れます。建材は、多少の水は吸収するので、ある程度の量であれば部屋の中までは達しません。部屋の中まで雨水が達したということは、建材が吸収しきれないほど雨水を吸っているということになります。雨水を吸い続けると建材は弱って腐りやすくなるため、耐震性や強度も下がるでしょう。元々耐震性の高い住宅でも、雨漏りがきっかけでその性能を衰えさせてしまいます。雨漏り修理の前に耐震性を確認するなどの対策を行なっておきましょう。

地震が発生しても簡単に倒壊しない耐震性を保つためには、早急に雨漏り修理が必要になることを頭に入れておきましょう。

雨漏り修理は素人が判断してはいけない!

大切な家族が暮らす住宅なので耐震性を失わないように、しっかり雨漏り修理をすることが大事です。雨漏り修理を行なっている業者に依頼すれば、確実な雨漏り修理ができます。

素人が雨漏り修理してはいけない3つの理由

悪化させてしまうことがある
雨漏り修理の知識や経験がないにも関わらずに、自分で雨漏り修理をしようとすると逆に劣化部分のダメージを広げてしまう恐れがあります。雨漏りしていない部分を壊してしまうことも考えられるので、はじめから雨漏り修理業者に任せた方がスムーズです。雨漏り修理業者は、設計図や現場をしっかり見て内部の状態を確認するため、作業効率も良く安心です。
屋根の上から転落する危険性がある
屋根の破損部分が原因だと自己判断をし、屋根の上に登って自ら雨漏り修理をすることはとても危険です。万が一足を滑らせてしまい、屋根の上から落ちてしまうと、骨折や大きな怪我、下手をすると命に関わることにもなりかねません。経験と必要なスキルと持っている雨漏り修理業者に依頼することが何よりも大事です。
雨漏り修理の費用が高くなるケースもある
雨漏り修理を自分で行なう場合、修理に必要ないものまで使って行なおうとしてしまうでしょう。無駄なものを取り付けたり必要なものを取ってしまったりすると、雨漏りの悪化に繋がります。悪化した後に雨漏り修理業者に依頼すると、余計に修理費が嵩むため注意しましょう。

業者探しはインターネットを利用

雨漏りを発見したならば、放置せずにすぐに雨漏り修理の専門業者に依頼しましょう。近くで見つからない場合は、インターネットを利用して優良業者を探しましょう。信頼できる雨漏り修理業者に依頼することで適切な雨漏り修理ができ、建物の耐震性を維持することが出来ます。

TOPボタン