地震が発生した直後の屋根確認で耐震性を保つ

地震はいつ起こるか分かりません。地震による住宅被害を完全に避けることは難しいため、どのくらいのダメージが住宅に掛かるかを想定し、被害を受けた際は早めに状態を確認することが大事です。

住宅の確認ポイント

住宅の屋根材を確認する
屋根材に瓦を使用している場合は、歪んでしまったりズレてしまったりして瓦が落下する恐れがあります。家の耐震性を高めることで建物の歪みや瓦の落下を予防できるので、日頃から建物の耐震性や落下しにくい軽量の瓦などを調べておくと良いでしょう。
雨漏りしてないかを確認する
地震後に家がダメージを受け、屋根にまで影響が起きた場合は、雨漏りが発生しやすくなります。雨漏りは気付きにくいこともあるため、なにか変化があれば調査を依頼しましょう。例えば、天井や壁が濡れていたりシミができていたりなどの症状は雨漏りが起こっている可能性があります。

地震で建物が倒壊せずに済んでも、ダメージは確実に受けています。雨漏りが起きると、さらに被害を悪化させるため注意が必要です。再び地震の被害に遭ったとき倒壊の危険性が高まるため、早めに建物の修理や雨漏り修理を行ないましょう。

建物の耐震性を調べる

地震で建物がダメージを受けると、建材の歪みや小さなヒビから雨水が建物内部に入りやすくなります。経年劣化をさらに悪化させてしまうため、前もって耐震性を調べて手を打っておくことが大事です。内部が劣化していたり外部にダメージがあったりする場合は、地震の際に被害が大きくなるため、注意しましょう。内部の強度を下げるものとして、シロアリ被害や雨漏りによる腐朽があります。雨漏り修理を行なうことでそうした被害を防げるので、耐震性を下げる原因が複数考えられる場合は、いくつかの業者に相談すると最適な施工を受けられるでしょう。早めに調査を行ない修理を依頼することで、建物の耐震性を維持し、雨漏りや東海のリスクを抑えることができます。

TOPボタン